一気に老けた印象に…産後に抜毛する原因とは?

一気に老けた印象に…産後に脱毛する原因とは?


産後の抜け毛を経験している人はとても多いです。あるアンケート調査では、実際に7割の方が産後の抜け毛を経験しているそうです。
なぜこんなにも多くの女性が、産後の抜け毛に悩まされているのでしょうか。

産後の抜け毛、その原因って一体なに?

妊娠中は女性ホルモンである、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌量が増加します。通常髪の毛は一定の周期で生え変わっていきますが、妊娠し女性ホルモンが増えることで髪の毛が抜けにくくなるのです。
妊娠中は毛が濃くなった、毛量が増えたと感じませんでしたか?そう感じたのは、女性ホルモンが増え、毛が抜けにくくなったからといえます。
そして女性ホルモンが急激に減少する産後は、妊娠中に抜けなかった毛が一気に抜けてしまうのです。

抜け毛の原因は女性ホルモンだけじゃない!

産後の抜け毛は女性ホルモンの減少が主な原因とされていますが、もちろんそれだけが原因ではありません。
他にも、

  • 慣れない子育てに追われストレスを感じている
  • 髪が抜けることにより、さらにストレスを感じる
  • 子育てに追われ睡眠時間が少ない
  • しっかりとした食事が摂れていない

といった原因が考えられます。
慣れない育児からのストレスやしっかりとした食事が食べられなくなることでも、髪の毛は抜けてしまうのです。

また子供の面倒だけではなく、旦那さんのご飯なども作らなきゃいけないため大変ですよね。
一人で無理しようとせず、旦那さんを頼るようにしましょう。そして旦那さんも頼まれたことは断らずに、手伝うようにしましょう。
 

覚悟はしてた。でもこの抜け毛、いつまで続くの?

ヘアサイクルは成長期退行期休止期の3つから成り立っています。
成長期は髪の毛が生える時期のこと、退行期は髪の毛が抜ける時期のこと、休止期は髪の毛が生えるまでの休みの時期のことをいいます。そしてこの3つの時期を繰り返しおこなっているのです。

産後すぐに多くの髪の毛が一気に抜け、そのまま休止期入ることで髪の毛が一時的に薄くなる状態が続きます。
しかし休止期の2~3ヶ月を過ぎれば、だんだんと髪の毛が生え始め、妊娠前のヘアサイクルに戻ることで、髪の毛の量も改善されていきます。
女性ホルモンの分泌量や生活習慣などによって、個人差がありますが 、産後6ヶ月~1年でヘアサイクルが元に戻ると言われています。
もし産後1年を超えても改善されない場合、違うことが原因で抜け毛になってしまっている可能性が高いです。

おわりに

妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されているため、髪の毛が抜けにくい状態を保っていましたが、産後女性ホルモンが減少することで抜け毛が起こります。
産後の抜け毛は、産後6ヶ月~1年ほどで元に戻ると言われています。もし産後1年を経過しても抜け毛に悩んでいるのであれば、慣れない育児のストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどを疑うようにしましょう。

参考サイト

こそだてハック「産後の抜け毛はいつからいつまで?原因と対策まとめ」
パピマミ「産後に抜け毛が増える原因とは」

The following two tabs change content below.
育毛ママ

育毛ママ

ママのための育毛チェキは、出産後の脱毛について不安に思うママさんのためのサイトです。 出産に依る脱毛を正しく知れば何も怖くありません。